GA4導入支援

GA4導入支援

2022年7月までにGA4に移行しておくのがベストです。

2023年7月をもって現在のGoogleアナリティクス・ユニバーサル版が利用できなくなるとGoogleが正式に発表しました。2023年7月以降もGoogleアナリティクスを利用する場合には、あらかじめGA4を導入し設定を済ませておく必要があります。GA4では、導入以降のデータしか閲覧できませんので2023年7月から利用を開始した場合に過去データとの比較などがしたい場合は、1年前の2022年7月の時点でGA4を導入しておく必要があります。
ミルズでは、ユニバーサル版からGA4への導入支援を以下の内容で行なっています。

導入支援で行うこと

1、GA4の初期設定

GA4で必要となるタグを発行し、御社の制作会社様にタグ実装の指示をさせていただきます。実装後、タグが正しく実装されているか等の確認もいたします。実装にはタグマネージャを利用します。

2、コンバージョンの設定

ユニバーサル版で設定していたコンバージョンの設定をGA4でも行います。正しく計測されているかの確認もいたします。

3、イベント等の設定

コンバージョン以外にイベントなどの設定を行なっている場合、可能な範囲で同様の計測ができるようにGA4で設定を行います。

4、データの見方に関する簡単なレクチャー

コンバージョンの見方、閲覧が多いページの確認、ランディングページの確認など、GA4での簡単なデータの見方についてレクチャーを実施します(1時間程度)。

毎月の状況把握には、サイトグラス チャートがおすすめです。

GA4では従来のユニバーサル版同様、様々なデータの分析が可能ですが、ややハードルが高く十分に活用できないと企業様が大半です。
そのため、ミルズではGoogleアナリティクスからデータを取得し、専門のコンサルタントがいなくてもウェブの状況がひと目でわかるレポート生成サービス「サイトグラス チャート」をスタートしました。

レポートは7枚から構成されていて、ウェブのどの部分に課題があり何をすれば改善するのかが手に取るようにわかる内容になっています。難しい数表は極力使わず、親しみやすいビジュアルを多く取り入れていますので上司への報告や会議などでも利用しやすい内容となっています。価格も、月額11,000円と低価格です。
「サイトグラス チャート」をご契約される場合は、GA4導入費用を半額とさせていただきます。この機会に是非、ご検討ください。

> サイトグラス チャートを見る

GA4移行支援価格

GA4移行支援

220,000円(税込)~

Googleタグマネージャーを使っての導入となります。サイトの規模などによって費用が異なることがあります。

※サイトグラス レポートをご契約の場合は半額にてご対応させていただきます。

> サイトグラス レポート