アクセス解析レポートサービス MILSレポート

なぜGoogleアナリティクスでは分からない?

画面が多すぎてどこを見ればいいのか分からない!

高機能なGoogleアナリティクスは無限にクリックできる情報の泉。
慣れた人でも「どこを見たらいいのか分からない」という悲鳴を上げています。

一番ご相談が多いのはこの点。本当にさりげなく「▽」がついている項目や青色のテキストは全部クリックできるし、どこをクリックしても有益な情報が現れるのがGoogleアナリティクスの素晴らしいところでもあるのです。

画面が細分化され過ぎている!

Googleアナリティクスの画面

上図左は「ユーザー」概要の画面。全体指標を得るのに一番基本となる画面です。が、ここはあくまで「ユーザー」のデータなので、ここにはコンバージョンの数値は全く現れません。
ここに目標到達数やCVRが表示されていればそれだけで良いのに! と思う方は多いかもしれませんね。Googleアナリティクスでは画面が非常に細分化されているので、どこに何があるかを覚えることからスタートしなければなりません。

サイトを改善するために不可欠な「見るべき項目」はどれ?

サイトを改善するポイントは、いかに「大切なもの」を増やすか、です。ある会社にとってはお問い合わせなどのコンバージョンでしょう。認知を高めたい会社にとっては訪問数(セッション)やユーザー数が重要な指標となります。商品を見せたいなら、商品アピールのページがどれだけ見られたか、ということが大切でしょう。

集客→誘導→目標

大切な指標を増やすには、それに関心の高い集客を増やすことが不可欠。関心のない人をいくらたくさん集めても成果には結びつきません。次にその集客を、ゴールに向かって移動させることが必要です。今のウェブではリンクのつくり方が一般に弱く、訪問者を目標ページに移動させることができていません。
そして目標です。ゴールに近づいた訪問者がどれぐらいいたか、どのコンテンツで集めた人がゴールに貢献しているか、ゴールに貢献しているのは検索か、リスティング広告か。こうした指標は改善に不可欠な項目と言えます。

見るべき項目を全部集合させ、前期比較で改善効果を確認できるように

ミルズレポート「アクセス全体の状況」

こうした悩みの解決には、集客・誘導・目標の重要な指標を1つのレポートに集結してひと目で見られるようにすることです。
しかも前期と比較できるようにすることで、その間の施策が効果があったかどうか評価できるようにすること。その役割を果たすのが、ミルズレポートの「アクセス全体の状況」です。

> アクセス全体の状況

次は「月次でデータをとるのが大変」>

資料・サンプルのご請求

気になる実寸大のレポートサンプルや、詳細な資料をお送りしています。

販売代理店募集

お客様企業にもっと成果をお届けしたいと考えるWebコンサルタント様、制作会社様、広告代理店様はこちらへ。

販売代理店募集はこちらです